2004年09月27日

うちのヴィッツはテールランプがLED

最近はLEDを使用したテールランプが純正採用された車種が増えました。
いろいろ型が選べるので他車種に流用する幅も広がりますが、
自作してみるのもおもしろいということで、早速社用車のヴィッツに・・・
純正流用のメリットは十分な光量を確保できること、デメリットは現時点では純正品が高いこと、さらに(他車)流用の場合は別途テールランプが必要なためコストがかかること。

【参考】現行ヴィッツ
そのまま付替の場合(加工無し)(Q&Aより)
テールレンズAssy:13,400*2=26,800
工賃(脱着・配線加工):16,000

例えばヴィッツでそのまま素取っ替えの場合は上記の通り値段が出ますが、多くは他車用を流用するためワン・オフとなり、都度見積もりとなります。

詳細はHPで >>
http://car-denso.net/ydk/custom/vitz/tale/vitz-tale.html


posted by YDK at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Vitz by YDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

ダブル球

ハチロクに乗ってドコ行こう?の「リアプレーキランプ交換」へトラックバックしてみました。

うぎゃあああぁぁ(/△≦\)恥しいっす。いや、だって、リアライトとブレーキランプがひとつの電球でまかなってるなんて知らなかったんだもん。だから、ライトついてたからこっちじゃないんだな、と思っちゃったんですってばー。

うちのブレーキランプ(電球)の交換のページにもあるんですが、バルブ(電球)にはダブル球とシングル球/フィラメントが2本の物(ダブル)と1本の物(シングル)があります。
ダブル球で2本のフィラメントのうち片っぽだけ切れちゃうと、ともさんのような勘違いもおきるわけですね(笑。
ケースごと外すタイプはレンズの色でわかりますが、特にトランクから開けるタイプだと実際コンビネーションランプの裏側を開けると、どれがどのバルブかなかなか見分けが付きにくいこともあるので要注意ですね。

でも・・・みんなこうやって覚えて行くんですねー。自分でできることにチャレンジしていくと車に対する愛着は確実にアップすると思います。
posted by YDK at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッツにETCを付ける



DIYでヴィッツにETCを取り付ける・・・ということで作業工程を手順を追ってアップしてみました。
というのはウソで、もうとっくに取り付けちゃった後なので、逆の手順でばらしながら写真撮ってみました。並べてみたら解体ストーリーになってて、アラ不思議。。

http://car-denso.net/ydk/custom/vitz/etc/vitz-etc.html

この手の作業はヴィッツの場合は比較的楽で、特別変わった工具も必要ありません。インパネをバラすのも簡単、手順がわかっていれば慣れた人なら30分もかからずできると思います。
posted by YDK at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Vitz by YDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

充電系の故障と対処

7万〜8万キロで充電量のチェック
バッテリーが正常でも充電系に異常があればバッテリーあがりが起きます。オルタネータは距離を走れば確実に充電量が低下してくるので要注意です。
特に電気を取り出すパーツ・ブラシは回転部分(ローターのスリップリング)に接しているため摩耗する消耗部品で、これが減ってくると充電量が落ちてきます。7〜8万キロを目安に1度充電量のチェックを試み、その結果が悪ければ本格的なトラブルに発展する前に「オーバーホール」など適切な処置を早めにとっておくことが重要です。

■判断材料

1.バッテリーの故障(あがり) スタータが回らない、ライトがつかない・暗い
2.過充電 バッテリー液の減少が早い
3.チャージランプ 点灯しない、消灯しない、薄くつく
4.異音 ゴロゴロ音、ヒューン音

それぞれの原因がバッテリー、配線、オルタネータ、走行状態など、どこにあるのかを判断しなければならない。

■予備点検

1.ファンベルト ゆるみ、亀裂、ひび割れ
2.配線接続部 コネクタ、端子
3.オルタネータ 取付状態、ボルトのゆるみ
4.バッテリー ターミナルの腐食・汚れ、ゆるみ

バッテリーターミナルの腐食や汚れがあると、漏洩電流による自己放電が発生することがある。
その他、バッテリーの液量や内部極板の変形・変色(白色化)にも注意。

■原因追及

1.電気容量 後付製品などの過大負荷がないか
2.運転状況 短距離運転が多く始動を頻繁に行ったり、夜間走行が極端に多くないか
3.配線点検 接触不良はないか。ヒューズ、コネクタ部のゆるみ・腐食
4.異音 ベアリング-連続音、断続音、金属音
磁気音(ヒューン音)-ダイオードなどのオープン(損傷)


■2次被害

メーカー・車種によりオルタネータの取付位置はまちまちです。パワステポンプの下、ラジエータホースの下などにある場合、オイルや水漏れにより2次的にオルタネータが損傷することがある。

■コメント

車を大事にするのは大賛成。
エンジンルームにはたくさんの電気部品があります。
オイルや水漏れにも注意してください。
電気は水には弱いのよね。
posted by YDK at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

ガチャ目ヴィッツ

Vitz乗るならYDK、カスタムするならYDK!

うちの営業車です。(Please on mouse)
posted by YDK at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Vitz by YDK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETCが買える居酒屋@立川

HP本体を手直しすることになったので、とりあえずブログのサンプルとして古い話題を・・・。

−−−−−−−−−−−
居酒屋で商売!


ゴールデンウィーク最終日、1本の電話が携帯に・・・。
久しぶりに友人からだ。

「立川で車が故障・・・」
「・・・行くよ。」

無事車も直り(古いサンバー。そろそろ捨てろ)、
久しぶりに飯でもということで、この友人の経営する店へ。
ETCの話題で盛り上がる。
立川周辺は高速のICもあり需要は多い、
お客さんから話があれば紹介してよということで、
パンフレットを店に置いてもらうことになった。
さすがYDKの店長、ぬかりない。
休みの日に立川くんだりまで車直しに来てもただでは起きない。


「こだわり」

うちもオリジナルにこだわるけど、この店もこだわるこだわる。
その日に採れた新鮮な魚貝、肉、野菜、吟味した酒。
ハンパじゃない。
新鮮なだけに味はもちろん文句無く、しかも、安い!(らしい)
メニューもまめに更新しているとのこと。

マネージャーさん始め店長さん(女性)も従業員の方も、
キャラクター、接客態度、見習うところが多々あり、
それらが渾然一体となってお店の雰囲気全体に現れている。

なーんて話で盛り上がっていると
カスタードプリンが出てきた。(居酒屋だべ!?)
これもこだわりの1品らしいが、うめぇ。。。

すぐ壊れるサンバーは別として、コイツもなかなかやるモンだ、
うちもこだわり持ってオリジナルを手がけて行くぞ!
と、酒も飲まずに(車で行ったので)決心新た!


最後に、交換条件でお店の紹介
また行きたくなる店だ!
でも、車の故障、それも休みの日はかんべんしてちょ(笑)

柴崎漁港

立川駅南口、歩いて2分 ビルの3F、提灯目当て

PM5:00 〜 翌日2:00

TEL 042-523-0165


立川で唯一のETCを注文できる居酒屋です!

写真撮ってくるの忘れたので、
送って寄こすように現在依頼中。。。
posted by YDK at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。