2004年10月05日

オルタネータのオーバーホール

■充電系のチェック、オーバーホール
オルタネータで一番問題になるのは充電量の低下ですが、これは基本的な部分を電気を取り出すパーツ「ブラシ」という消耗部品に依存しているため避けて通ることができません。
画像は右が取り外した車の物ですが、ご覧の通りかなり摩耗が進んでいます。
前回もお伝えした通り、7〜8万キロを目安に充電量のチェック、10万キロ程度で他のパーツも含めたオーバーホールが望ましいということになります。

■インナーパーツ

大まかに分解した状態

スリップリングの摩耗

ベアリング内部
リビルト、オーバーホールにおいては構成部品を全て分解し、必要に応じて修理・交換します。

●例えばブラシが当たる部分スリップリングは規定値を確保できる場合は研磨により凹凸を取りますが、摩耗が進んでいれば新品と交換となります。

●ベアリングは内部のボールが摩耗すると異音が発生してきます。内部を油洗してグリスを詰め直せば再利用できるという考え方もありますが、当社では交換します。グリスはあくまでも潤滑剤で、ガタツキを保持することはできませんから。

●ブラシは消耗の激しい部分で、しかも電流を取り出す重要なパーツです。画像にあるように単体で新しい物に交換します。

●コイル関係は焼け付いて皮膜が損傷するとコイルの役目を果たしませんから、テスターで確認後異常があれば交換となります。

●ダイオード、ICレギュレータ等はこれ以上細かく交換や修理がきかない部品で、不具合があれば交換です。

他にもいろいろありますが、詳しくはHPをご覧下さい。
http://car-denso.net/ydk/rebuild/olta/1.html
スタータのリビルト作業は「From Pit」からどうぞ。
posted by YDK at 14:56| Comment(1) | TrackBack(2) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラシ&スリップリングはローターコイルを
励磁するための回路を構成するもので
発電した電流を取り出す回路とは別のものです。
しかしながら、オルタネータのメンテにあたっては
最初に点検する重要なチェックポイントです。
Posted by at 2005年06月11日 20:48

この記事へのトラックバック

リビルトの実際
Excerpt: 私達電装店ではスタータやオルタネータ等電装部品の電装品の「リビルト」というサービスを行っていますが、実際にはどんなことをやっているのでしょう?スタータのリビルト作業を例にご紹介したいと思います。全部は..
Weblog: From Pit
Tracked: 2004-10-05 15:54

ベアリングがいいと思う
Excerpt: 【BONES】20年以上も世界で愛され続けているスイス製造でスピード、耐久性に優れているベアリングです。・・ サイクロンのパーツは揃ったけど、ベアリングが…・ 謎のパーツ??・長期欠品パーツ入荷のお知..
Weblog: パーツがたくさんあります
Tracked: 2007-08-17 17:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。