2004年10月05日

オルタネータのオーバーホール

■充電系のチェック、オーバーホール
オルタネータで一番問題になるのは充電量の低下ですが、これは基本的な部分を電気を取り出すパーツ「ブラシ」という消耗部品に依存しているため避けて通ることができません。
画像は右が取り外した車の物ですが、ご覧の通りかなり摩耗が進んでいます。
前回もお伝えした通り、7〜8万キロを目安に充電量のチェック、10万キロ程度で他のパーツも含めたオーバーホールが望ましいということになります。

■インナーパーツ

大まかに分解した状態

スリップリングの摩耗

ベアリング内部
リビルト、オーバーホールにおいては構成部品を全て分解し、必要に応じて修理・交換します。

●例えばブラシが当たる部分スリップリングは規定値を確保できる場合は研磨により凹凸を取りますが、摩耗が進んでいれば新品と交換となります。

●ベアリングは内部のボールが摩耗すると異音が発生してきます。内部を油洗してグリスを詰め直せば再利用できるという考え方もありますが、当社では交換します。グリスはあくまでも潤滑剤で、ガタツキを保持することはできませんから。

●ブラシは消耗の激しい部分で、しかも電流を取り出す重要なパーツです。画像にあるように単体で新しい物に交換します。

●コイル関係は焼け付いて皮膜が損傷するとコイルの役目を果たしませんから、テスターで確認後異常があれば交換となります。

●ダイオード、ICレギュレータ等はこれ以上細かく交換や修理がきかない部品で、不具合があれば交換です。

他にもいろいろありますが、詳しくはHPをご覧下さい。
http://car-denso.net/ydk/rebuild/olta/1.html
スタータのリビルト作業は「From Pit」からどうぞ。


posted by YDK at 14:56| Comment(1) | TrackBack(2) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

バッテリーの交換

車の電気といえば定番のバッテリー交換。

HPコンテンツのブログ化を目指しているので(謎)、消えてしまわないようにこちらに移動しておきます。

続きを読む
posted by YDK at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

ダブル球

ハチロクに乗ってドコ行こう?の「リアプレーキランプ交換」へトラックバックしてみました。

うぎゃあああぁぁ(/△≦\)恥しいっす。いや、だって、リアライトとブレーキランプがひとつの電球でまかなってるなんて知らなかったんだもん。だから、ライトついてたからこっちじゃないんだな、と思っちゃったんですってばー。

うちのブレーキランプ(電球)の交換のページにもあるんですが、バルブ(電球)にはダブル球とシングル球/フィラメントが2本の物(ダブル)と1本の物(シングル)があります。
ダブル球で2本のフィラメントのうち片っぽだけ切れちゃうと、ともさんのような勘違いもおきるわけですね(笑。
ケースごと外すタイプはレンズの色でわかりますが、特にトランクから開けるタイプだと実際コンビネーションランプの裏側を開けると、どれがどのバルブかなかなか見分けが付きにくいこともあるので要注意ですね。

でも・・・みんなこうやって覚えて行くんですねー。自分でできることにチャレンジしていくと車に対する愛着は確実にアップすると思います。
posted by YDK at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

充電系の故障と対処

7万〜8万キロで充電量のチェック
バッテリーが正常でも充電系に異常があればバッテリーあがりが起きます。オルタネータは距離を走れば確実に充電量が低下してくるので要注意です。
特に電気を取り出すパーツ・ブラシは回転部分(ローターのスリップリング)に接しているため摩耗する消耗部品で、これが減ってくると充電量が落ちてきます。7〜8万キロを目安に1度充電量のチェックを試み、その結果が悪ければ本格的なトラブルに発展する前に「オーバーホール」など適切な処置を早めにとっておくことが重要です。

■判断材料

1.バッテリーの故障(あがり) スタータが回らない、ライトがつかない・暗い
2.過充電 バッテリー液の減少が早い
3.チャージランプ 点灯しない、消灯しない、薄くつく
4.異音 ゴロゴロ音、ヒューン音

それぞれの原因がバッテリー、配線、オルタネータ、走行状態など、どこにあるのかを判断しなければならない。

■予備点検

1.ファンベルト ゆるみ、亀裂、ひび割れ
2.配線接続部 コネクタ、端子
3.オルタネータ 取付状態、ボルトのゆるみ
4.バッテリー ターミナルの腐食・汚れ、ゆるみ

バッテリーターミナルの腐食や汚れがあると、漏洩電流による自己放電が発生することがある。
その他、バッテリーの液量や内部極板の変形・変色(白色化)にも注意。

■原因追及

1.電気容量 後付製品などの過大負荷がないか
2.運転状況 短距離運転が多く始動を頻繁に行ったり、夜間走行が極端に多くないか
3.配線点検 接触不良はないか。ヒューズ、コネクタ部のゆるみ・腐食
4.異音 ベアリング-連続音、断続音、金属音
磁気音(ヒューン音)-ダイオードなどのオープン(損傷)


■2次被害

メーカー・車種によりオルタネータの取付位置はまちまちです。パワステポンプの下、ラジエータホースの下などにある場合、オイルや水漏れにより2次的にオルタネータが損傷することがある。

■コメント

車を大事にするのは大賛成。
エンジンルームにはたくさんの電気部品があります。
オイルや水漏れにも注意してください。
電気は水には弱いのよね。
posted by YDK at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。